にきびを予防する年代別の方法

バナー

にきびを予防する年代別の方法

思春期の頃、ニキビに悩まされた人は多いと思います。
顔全体に出来て、人と会うのも嫌と思うことも。

手軽に予防できれば嬉しいですよね。ただし、思春期の頃のにきびと大人になってからのにきびでは予防法も変わってきます。
正しい予防法を身につけたいものです。


思春期のにきびは、Tゾーンに多く現れます。


これは、皮脂分泌が多い部分だからです。思春期は運動をする機会も多く、特に部活などをしているとかなり汗をかくことになります。

そのまま、洗顔せずに、汗も拭かないまま放置すると、毛穴に汚れが詰まってしまいます。

教えて!gooの様々な情報を掲載しています。

この年代は、成長ホルモンの分泌が不安定になり、皮脂が過剰に分泌される傾向にあります。



それがさらに、毛穴を詰まらせる原因になります。

予防法としては、とにかく朝晩、洗顔料を使ってしっかり洗顔をすることです。水だけの洗顔だと、皮脂が落ちない場合があります。

このにきびは、成長ホルモンが落ち着けば、自然と治っていきます。

ただし、やり過ぎては肌を乾燥させてしまうので注意が必要です。大人のにきびは、あごの周り、いわゆるUゾーンにできやすい傾向があります。

出来る理由は、生活習慣が主な原因になります。



食生活の乱れやストレス、たばこなど、原因は様々です。
女性の場合は、生理や妊娠なども大きく関わってきます。

原因を取り除くのが困難なため、治りにくく繰り返しやすくなります。一番注意したいのが、肌の乾燥です。乾燥は角質を厚くして毛穴を詰まりやすくします。

洗顔は朝と夜の2回、優しくこすらないように洗顔し、タオルで拭くときも軟らかく押し当てるように水分を取ります。
その後、しっかりと保湿することが大切です。

Copyright (C) 2016 にきびを予防する年代別の方法 All Rights Reserved.